2013年05月19日

☆☆☆☆☆「クオリティ国家という戦略」大前研一著

大前研一さんの本は、これまでも何冊も読んで、刺激を受けてきましたが、本書もスゴ本でした。

冒頭に、
本書はこれまで私が上梓した中でも、『新・国富論』『平成維新』『地域国家論』など道州制の導入と霞が関の解体を軸にゼロベースの新しい国家モデル構築を提言してきたシリーズに連なる、、エポック・メイキングな1冊となる。

と記載があり、著者の想いもグッと入った1冊。

構成は以下のとおり
序章 「中途半端な国」になってしまった日本
第1章 世界の変化ー世界で台頭する新たな国家モデル
第2章 実例研究1-クオリティ国家の代表格、スイスを現地視察
第3章 実例研究2-「事業戦略型国家」シンガポールの工夫
第4章 実例研究3-日本が学ぶべきクオリティ国家のしたたかさ
第5章 進むべき道ー日本新生への新たなビジョン「クオリティ国家」戦略


スイス、シンガポール、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、韓国、台湾・・・、いずれも、国家のサイズが小さく、スピード感を持った意思決定&実行ができる国ばかり。日本は、これらの国に比べデカすぎる。
ならば道州制で・・・、というロジックは非常に説得力がありました。

ノキアって、スウェーデンからオランダに本社移転したんだね・・・。知らなかった・・。
ホントに、グローバル企業は条件がよい国(都市)にためらいなく移る時代になったんだな。国(都市)毎の競争の時代。

冬の北海道がアジア人に大人気って話はちょくちょく聞いてたのだけど、本書を読んで、肌で感じてみたくなりました。





posted by J at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

☆☆☆  「たくらむ技術」加地倫三著

「ロンドンハーツ」「アメトーク」のプロデューサーが書いた仕事術本。

構成は以下のとおり
1.バカげた企みほど手間をかける
2.企画は自分の中にしかない
3.会議は短い方がいい
4.勝ち続けるために負けておく
5.文句や悪口にこそヒントがある
6.「イヤな気持ち」は排除する
7.計算だけで100点は取れない
8.マジメと迷走は紙一重
9.企画書を通すにはコツがある
10.かわいがられた方が絶対にトク
11.仕事は自分から取りに行け
12.常識がないと「面白さ」は作れない
13.芸人は何を企んでいるのか
14.「企み」は仲間と共に


具体的な仕事術も興味深かったけど、「空気」を大事にしつつもタレント・スタッフの強みを冷静に分析し、それを活かそうとする著者の前向きな姿勢が響いた1冊でした。

例えば、こういう考え方。
最近は「みんないいところもあれば、悪いところもあるもんな」と思えるようになってきたのです。それぞれの人の「持ち点」は同じようなもので、どこかにプラスがあれば、どこかでマイナスがある。そんなもんじゃないかと今は思うのです。
例えば、動きがテキパキしていないことで、「ドン臭い」と思われている女性がいるとします。でも彼女はこういう性格だからこそ、おっとりとした雰囲気で周囲を癒してくれるという面もある。もし「テキパキしていない」という部分が消えてしまえば、せっかくの「癒し」がなくなってしまうかもしれない。
人のプラスマイナスは背中合わせ、共存していると思うのです。どの人もこのようなプラスマイナスがたくさんあって、でも全員の「持ち点」は同じ。
他人の判断なんていうものは、その時のプラスの部分を見たか、マイナスの部分を見たかという、偶然にすぎないのではないかと思っています。


素敵デス。


posted by J at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆☆☆☆☆「メイカーズ」クリス・アンダーソン著

久し振りの読書はスゴ本でした。
読んだのは、2012年10月に発売された「ロングテール」、「フリー」の著者 クリス・アンダーソンの新作。

構成は以下のとおり
第1部 革命
 発明革命
 新産業革命ーウェブ世代がリアルワールドに目を向けるとき。
 未来の歴史ーマンチェスターとイギリスの家内工業に起きたことは世界を変えた。それはふたたび世界を変えるだろう。
 僕らはみんなデザイナーーだれでも上手にデザインできる時代がやってきた。
 モノのロングテールー大量生産品に飽きて自分だけのものが欲しくなったら?)
第2部 未来
 変革のツールー3Dプリンタは、なんでも生み出す魔法の杖になる。
 オープンハードウェアー顧客が製品開発を手伝った上にお金まで払ってくれる?そう、ビットを与えれば、アトムが売れる。
 巨大産業を作り替えるー自動車産業は、製造業の中の製造業。もしこの巨大産業を変えることができるなら、なんだって変えられる。
 オープンオーガニゼーションーもの作りの革新は会社組織の革新から
 メイカーズの資金調達ー製造の終わりと販売の始まりの境界線はどこにあるのだろう?メイカー市場には、境界など存在しない。 ほか
エピローグ 製造業の未来ー西側先進国は復活できる。
付録 二一世紀の工房ーさあ、メイカーへの第一歩を踏み出そう。


テスラ、スクエア等々、様々な事例を読むことで、ウェブ(ビット)のイノベーションが、リアル(アトム)の世界へいよいよ本格的にやってくる時代なんだなってのが、よくわかる1冊。

特に、締めのこの言葉が響きました。
ゼネラルモーターズやゼネラル・エレクトリックが消えてなくなるわけではない。ウェブが普及してもAT&TやBTがなくならなかったのと同じことだ。「ロングテール」が示すように、新しい時代とは、大ヒット作(ブロックバスター)がなくなる時代ではなく、大ヒット作による独占が終わる時代なのだ。もの作りにも同じことがいえる。ただ「より多く」なるというだけなのだ。より多くの人が、より多くの場所で、より多くの小さなニッチに注目し、より多くのイノベーションを起こす。そんな新製品-目の肥えた消費者のために数千個単位で作られるニッチな商品-は、集合として工業経済を根本から変える。五〇万人の従業員が大量生産品を製造するフォックスコン一社につき、ほんの少量のニッチ商品を製造する新しい企業が数千社は生まれるだろう。そうした企業の総和が、もの作りの世界を再形成することになるはずだ。
ようこそ、モノのロングテールへ。


悪くない時代。楽しみだね。

posted by J at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

☆☆☆☆ 「弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー」高橋秀実著

あちこちの書評で評判が良かったので、早速、読んでみました。
あまりに面白く、一気読み。

構成は以下のとおり
1回 エラーの伝統
2回 理屈で守る
3回 みんな何かを待っている
4回 結果としての甲子園
5回 仮説の検証のフィードバック
6回 必要十分なプライド
7回 ドサクサコミュニケーション
8回 「は」ではなく「が」の勝負
9回 ややもすると甲子園


学力で超有名な高校の野球部を追っかけた本
個性ある選手のそれそれの理屈がイイ。マジメなんだけど、なんかピント外れなのが魅力的なんだな。






posted by J at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆☆☆  「荒天の武学」内田樹 光岡英稔

ウチダ先生と武道家の光岡さんの対談。

構成は以下のとおり
はじめに「弱い武道家」という立ち位置から 内田 樹
序章  武運ということ
第一章 荒天を生きるための武術
第二章 荒天型武術の学び方
第三章 達人はフレームワークを信じない
第四章 荒天を進む覚悟
おわりに きれい事では済まない状況を如何にきれいに解決できるか 


武道家の言葉って、響くものが多いんですよね。本書のなかでは、光岡さんのこの言葉が刺さりました。
起きたことに即して、そのときできることを行うしかないわけで、理想的な自分も理想的な状況もないわけです。


そうそう、ツイッターで見かけたウチダ先生のこの言葉も良かった。
コミュニケーション感度の向上を妨げる要因は、つねづね申し上げているように「こだわり・プライド・被害妄想」(春日武彦)であるので、「こだわらない・よく笑う・いじけない」という構えを私は高く評価する


明日も上機嫌で!




posted by J at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

☆☆☆☆☆「リバース・イノベーション」ビジャイ・ゴビンダラジャン著

ちきりんがブログで絶賛してたので、早速、本書を読んでみました。常識だと思っていたことがひっくり返るスゴ本でした。

先進国⇒新興国じゃなくて、新興国⇒先進国なんだな。

構成は以下のとおり
第1部 リバース・イノベーションへの旅
 未来は自国から遠く離れた所にある
 リバース・イノベーションの五つの道
 マインドセットを転換する
 マネジメント・モデルを変えよ
第2部 リバース・イノベーションの挑戦者たち
 中国で小さな敵に翻弄されたロジテック
 P&Gらしからぬ手法で新興国市場を攻略する
 EMCのリバース・イノベーター育成戦略
 ディアのプライドを捨てた雪辱戦 
 ハーマンが挑んだ技術重視の企業文化の壁
 インドで生まれて世界に広がったGEヘルスケアの携帯型心電計
 新製品提案の固定観念を変えたペプシコ
 先進国に一石を投じるパートナーズ・イン・ヘルスの医療モデル
 必要なのは行動すること


本書のメッセージは、シンプル。
「新興国⇒先進国」
この流れを頭に入れておこう。

posted by J at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

☆☆☆  「聞く力」阿川佐和子著

実家に戻った際、読む本がなかったので、借りて読んでた本。
時々、TVで著者を見かけてて、まっすぐで可愛げのある感じがして素敵な印象を持ってたのだけど、本書を読んで、ますます印象度UPです。

構成は以下のとおり
1 聞き上手とは 
   インタビューは苦手
   面白そうに聞く
   メールと会話は違う ほか
2 聞く醍醐味
会話は生ものと心得る
脳みそを捜索する
話が脱線したときの戻し方 ほか
3 話しやすい聞き方
相づちの極意
「オウム返し質問」活用法
初対面の人への近づき方 ほか


悩みもがきながらも、相手や状況によって対応、服装までも柔軟に変えている著者の姿勢が印象的な1冊でした。素敵だな。



posted by J at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆☆☆  「サッカースカウトマン」平野勝哉著

本書は、元鹿島アントラーズのスカウト担当部長が書いた本。
選手のどこを見て、チーム・選手の人生を変える「スカウティング」をしてるのかに興味があり、読んでみました。

構成は以下のとおり
第1章 黄金世代へのアタック
 1997年から専任スカウトとして活動
 世代の狭間ができない中長期的な視点のスカウトが必要 ほか
第2章 スカウト成功の秘訣
 選手を判断する「TIPS」という指標
 プロで大成するために不可欠なもの ほか
第3章 スカウトキャリアのスタート
 加茂周氏から学んだスカウト活動の根本
 人の3倍飲んで3分の1しか寝ない仕事 ほか
第4章 スカウト目線のサッカー論
 スカウトはノートに何を書き込んでいるのか?
 ノートと電話帳はスカウト活動の必需品 ほか


選手を見る視点としては、TIPS+Hという考え方をしてたそうです。
外形的な要素としての
 テクニック(T)
 スピード(S)
 高さ(H)
内面的な要素としての
 インテリジェンス(I)
 パーソナリティ(P)

しっかり、パーソナリティが入ってるんですね。


著者がスカウトの仕事をするにあたり、常に頭に入れていた以下の言葉が素敵でした。
 「エキスパートを目指す」
 「良好な人間関係を築く」
 「誠実に、そして地道に」
 「出会いを大切に」


彼らスカウトの仕事も選手も「出会い」によって、生きる道が変わっていくんですね。
大事に、誠実にがんばらねば、だね。

posted by J at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆☆☆☆ 「採用基準」伊賀泰代著

本書は、あの有名ブロガー「ちきりん」じゃないかという噂があるマッキンゼーの元採用マネジャーが書いた本。
ようやっと読むことが出来ました。

構成は以下のとおり
序章 マッキンゼーの採用マネジャーとして
第1章 誤解される採用基準
第2章 採用したいのは将来のリーダー
第3章 さまざまな概念と混同されるリーダーシップ
第4章 リーダーがなすべき四つのタスク
第5章 マッキンゼー流リーダーシップの学び方
第6章 リーダー不足に関する認識不足
第7章 すべての人に求められるリーダーシップ
終章 リーダーシップで人生のコントロールを握る


12年にもわたりマッキンゼーの採用マネジャーを務めた著者の言葉はシンプルだけど響きます。
特に以下の2点が印象に残りました。
・マッキンゼーが重視してるのは、「(地)頭の良さ」ではなく、リーダーシップである。
・トップだけでなく、「全員がリーダーシップを発揮して問題解決を進める」。

特に、本書で紹介されているリーダーシップの具体的な細かい事例は、印象的でした。
余ったお菓子を配るのも、リーダーシップって括って良いんだね。
自分だけでなく、みんなでこういうチームにしていきたいね。

posted by J at 17:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

☆☆☆☆☆「お父さん、フランス外人部隊に入隊します。」駒村吉重著

あちこちで話題になっていた本書。
読み始めたら止められず一気読みしたスゴ本。

構成は以下のとおり
手さぐりの対話
パリからの手紙
砕けた平穏
志願します!
父の煩悶
ケピ・ブラン
明るい知らせ
ギアナの暑熱
小市民的人生
桜花
除隊、それから
文庫のための短い終章 子わかれ


お父さん、フランス外人部隊に入隊します。
契約は五年間です。
申し訳ありません。どうしても言えませんでした。

普通の大学生活を送っていた息子が、この手紙を残し、フランス外人部隊に入隊。
入隊後、ぎこちなく続く父との手紙のやりとりで、親と子それぞれの本音がわかっていく様子が印象に残った1冊でした。

確かに、親父と息子って、向かい合って話すのって、なんかイヤなんだよね。(息子の立場)
でも、息子には、いつまでも「父ちゃん、父ちゃん」って、何でも話して欲しいな。(親父の立場)

息子として、親として、両方の立場で考えさせられた1冊でした。




posted by J at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。