2013年05月19日

☆☆☆☆☆「クオリティ国家という戦略」大前研一著

大前研一さんの本は、これまでも何冊も読んで、刺激を受けてきましたが、本書もスゴ本でした。

冒頭に、
本書はこれまで私が上梓した中でも、『新・国富論』『平成維新』『地域国家論』など道州制の導入と霞が関の解体を軸にゼロベースの新しい国家モデル構築を提言してきたシリーズに連なる、、エポック・メイキングな1冊となる。

と記載があり、著者の想いもグッと入った1冊。

構成は以下のとおり
序章 「中途半端な国」になってしまった日本
第1章 世界の変化ー世界で台頭する新たな国家モデル
第2章 実例研究1-クオリティ国家の代表格、スイスを現地視察
第3章 実例研究2-「事業戦略型国家」シンガポールの工夫
第4章 実例研究3-日本が学ぶべきクオリティ国家のしたたかさ
第5章 進むべき道ー日本新生への新たなビジョン「クオリティ国家」戦略


スイス、シンガポール、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、韓国、台湾・・・、いずれも、国家のサイズが小さく、スピード感を持った意思決定&実行ができる国ばかり。日本は、これらの国に比べデカすぎる。
ならば道州制で・・・、というロジックは非常に説得力がありました。

ノキアって、スウェーデンからオランダに本社移転したんだね・・・。知らなかった・・。
ホントに、グローバル企業は条件がよい国(都市)にためらいなく移る時代になったんだな。国(都市)毎の競争の時代。

冬の北海道がアジア人に大人気って話はちょくちょく聞いてたのだけど、本書を読んで、肌で感じてみたくなりました。





posted by J at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。