2009年07月05日

☆☆☆  「キャリアの教科書」佐々木直彦著

今朝は、息子だけじゃなく、両親、妻と娘の合計6人で散歩。
息子が山を案内し、かなり得意げ。いい汗かいた。
次週は、違うコースを開発してみようかな。

さて、本書。友人/知人の転職が続き、キャリアについて考えることが多く、読んでみました。

当たり前だけど、忘れがちなのが、「キャリアについて考える」というと一足飛びに転職ってなりがちだけど、違うんだな。

エンプロイアビリティ3つの観点
1.所属する組織に雇われつづけるためのエンプロイアビリティ
2.好条件での転職を可能にするためのエンプロイアビリティ
3.やりたい仕事をやりつづけるためのエンプロイアビリティ


3.やりたい仕事をやりつづけるためのエンプロイアビリティ
について、模索していこう。もちろん、「好条件」ってのは外せないけど。


posted by J at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。