2009年09月20日

第2幕が始まった。

河野太郎氏、止まらぬめった斬り!「全員野球は反対。森氏、青木氏はベンチ外」…自民党総裁選
第2幕が始まりました。

民主党が割れるのが先かと思っていたのですが、まず、自民党がキックしましたね。

池田信夫ブログ「自民党が参院選に勝つ唯一の道」では
もちろん河野氏の主張は自民党の国会議員の中では超少数派だから、だれも過半数を取れなかった場合に国会議員の決選投票に持ち込まれたら不利だ。その場合も、河野氏がかつての小泉氏のように地方票(国会議員の1.5倍ある)で圧勝した場合に、それを無視して国会議員が選挙で勝てない候補者を総裁に選ぶことは考えにくい。かつて河野氏に劣らず少数派だった小泉氏が自民党を救った経験に学べば、自民党の取るべき道はおのずから明らかだろう

とありますが、与党の場合の総裁選と、今回では、注目のされかたが違うだろう。小泉旋風のような規模で追い風が吹くようには思えない。
民主党のスキャンダルと合わせ技で・・・、という古い手法では、また泥仕合だし、それは見たくない。

自民党が総裁選で新旧に分かれ、次は、民主党の内部分裂(小沢・反小沢)をまって、政界再編ってストーリーになりそうだ。
posted by J at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック