2009年12月06日

☆☆☆  「無印良品が大切にしているたった一つの考え方」国友隆一著

目的に合わせて機能を追求すると、美しくなる。

そんな商品を提供している無印良品。シンプルで心地よい商品ばかりで、私自身、気に入って、結構、購入してるんだけど、商品開発の裏側で、こんな泥臭いことをしている。
マーケティングリサーチの一つとして、お客さまの住まいに出かけ、上がらせてもらって、ふだん、どんな暮らしをしているのか写真を撮らせてもらう。あるいは、ヒアリングをする。これを、良品計画ではオブザベーションといっている。
ここまでリサーチしている企業はどれくらいあるだろうか。しかも、玄関や居間だけではない。キッチンや寝室、風呂場にまで入らせてもらう。


きれいなデータだけでは見えない実際の利用シーンをきっちりと把握する。基本だけども、自分が関わるサービス・製品に落とし込むと、何が出来るか?

考えさせられる1冊でした。
posted by J at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134838218

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。