2010年05月23日

☆☆☆  「Twitter使いこなし術」根岸智幸著

昨日、友人の結婚式に出た際、地元の友人たちにTwitterやってるか聞いてみたところ、ほとんどやっていなかった。やっているのが当たり前のようにも感じていたけども、一般的な感覚からすると、まだまだなんだよね。この感覚のズレを認識していることは大事ですね。

ただ、いずれは、こうなるんだろうな
20年前は「ぴあ」や「HANAKO」が情報源だった。10年前は「王様のブランチ」や「あるある大辞典」に影響されていた。5年前からはグーグルで検索して、ブログやミクシィや口コミサイトを活用するのが当たり前になった。情報誌もTVの情報番組もグーグルもブログも、徐々に僕らの生活に浸透し、ライフスタイルを変えてきた。誰もが鮮度を高くて価値のある情報を求め、消費するようになった。
そしてこれからは、楽しいことも、真面目な大事なこともツイッターで読んだり伝えあっていくことが、当たり前になっていくだろう。なぜそうなるかというと、ツイッターが楽で簡単で楽しいからだ。そしてツイッターがあなただけのために、あなたにピッタリの情報と仲間を提供してくれるからだ。


そのTwitterに関し、関連本を何冊も読んできて、かなり理解が進んできました。
ただ、Hootsuite等いくつかPCの専用クライアントを使ってみたが、どれもしっくりこない。何か良いのがないかな?ということで、本書を読んでみました。

本書の構成は、以下のとおり
1.ツイッターは究極の情報ツール
2.ツイッターの仕組みをしっかり理解する
3.専用ソフトの利用が飛躍のカギ
4.ツイッターを使いこなす


う〜ん、読みながら、いろいろ試してみたのだけど、どれもしっくりこない・・・。





posted by J at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | IT系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。