2011年10月01日

☆☆☆  「悪いのは子どもではない」公文公著

引き続き、公文関連本。

本書の構成は以下のとおり
プロローグ 悪いのは子どもではない
第1章 子どもは賢くできる(乳幼児教育)
第2章 算数・数学ごときで悩むな
第3章 英語は早く始めるほど上達が早い
第4章 読書力が能力を輝かせる
エピローグ 子どもに損をさせないように


うん、2冊読んで、大体の公文式の考え方、使い方は把握できた。
信頼しとります、公文さん。

長男は、うまく離陸出来たので、次は娘だな。
かなりのやんちゃなので、ちと心配。

悪いのは子どもではない

悪いのは子どもではない
著者:公文公
価格:816円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

posted by J at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。