2012年05月12日

☆☆☆  「代官山オトナTSUTAYA計画」増田宗昭著

話題の代官山TSUTAYAの企画のエッセンスをまとめた本。

構成は以下のとおり
第1部 プレミアエイジという可能性
 1.世界初を目指してはならない!
 2.顧客の皮膚感覚との距離
 3.顧客価値の鏡像関係
 4.大人を変える大人の誕生
 5.人がポジティブになれる場所
 6.モノとコトのベクトル
 対談 糸井重里×増田宗昭「プレミアエイジの楽園」
第2部 コミュニケーションの力学
 7.オンとオフの溶解がもたらすもの
 8.代官山と軽井沢という森の磁場
 9.編集権が移行する時代
 10.リコメンド進化論
 11.コンテンツは有料か無料か?
 12.オンラインは体温を持てるか?
 対談 飯野賢治×増田宗昭「コミュニケーションの価値と質」


本書に刺激を受け、読み終わった後、早速、現地に行ってみました。
大人な雰囲気がイイ!!もっとゆっくりしたかったなぁ〜。

と、本書で響いたのは、オンとオフの関係を表現したこの文章。
本来オンとオフとは、やはり逆のベクトルを持っているものなのだ。そしてそれを両立させることで、人は自らのバランスを保ってきたという面が確かにある。だからここでもう少し、オンとオフ、それぞれの持つベクトルについて考えてみよう。
単純に図式化すれば、オンとはお金をもらうための時間、オフとはお金を使うための時間という言い方もできるだろう。そしてこのとき、お金をもらうためには、人は他者を視る必要がある。顧客や上司、同僚といった他者から求められているものを把握し、それを提供することで、人は代価を得るのだから。逆にお金を使うためには、人は自分を視る必要があるのだ。自分自身にとって大切なものは何かを見極め、それを手にするために人は出費する。


増田さんの視点は高くて、大きな時代の流れを視る目等、ハッとさせられる言葉に満ちている。
こういう視点を持たなきゃダナ。

posted by J at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269640726

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。