2012年07月05日

☆☆☆☆ 「日本人を強くする」岡田武史 白石豊

2010年W杯日本代表監督の岡ちゃんと、福島大学教授の白石氏の対談本。
白石氏は、トップスポーツ選手に対するメンタルトレーニングを行うスペシャリストで、これまで1996年アトランタ五輪の女子バスケ、2000年シドニー五輪の新体操、2001〜4年の日ハムと幅広い分野で活躍してた方。

そんなメンタルトレーニングのスペシャリスト白石氏が、2010年のW杯で岡ちゃんに、継続的にアドバイスを行っていた経緯が書かれた本書。コーチングやマネジメントの観点から、非常に興味深く読み進めることが出来ました。

構成は以下のとおり
第1章 出会い〜W杯アジア3次予選
第2章 W杯アジア最終予選
第3章 試練の2010年 本大会前
第4章 南アフリカ、そしてゾーン
最終章 震災の後の対話


岡ちゃんの素直に指導を仰ぐ姿勢が非常に印象的で、素敵でした。
変なプライドより向上心を大事にしてる人なのが伝わってきました。

そんな岡ちゃんがグッと感情的になった白石氏の「なぜ個人で勝てないんですか?」という問いからの展開はシビれました。
岡ちゃんが、当然の前提としてもっていた「日本人はサッカーネイションの国民に対し個人では勝てない」ということを疑う白石氏。
これまで、様々な悔しい経験を積み、一瞬、拒絶しかけたものの、その前提を壊すことを受け入れた岡ちゃんはスゲェ〜と思ったね。

他にも、癖のある代表選手達に対するマネジメントでの苦労等々が、生々しく描かれており、サッカーファンだけでなく、ビジネスマンとしても参考となる良書でした。



posted by J at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279133869

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。