2012年07月16日

☆☆☆  「社畜のススメ」藤本篤志著

卒業したハズのキャリア本・・・、つい、読んじゃうな・・・。
本書は、タイトルは過激だけど、内容はすごく真っ当な1冊。

構成は以下の通り
第1章 「自分らしさ」の罪
第2章 個性が「孤性」になる悲劇
第3章 会社の「歯車」となれ
第4章 ビジネス書は「まえがき」だけ読め
第5章 この「ウソ」がサラリーマンをダメにする
第6章 「クレバーな社畜」がベストの選択
終章 運、縁、恩


本書でも「筏下り型」のキャリア論が引用されてた。
キャリア・デザインというと、5年後、10年後のキャリア・ゴールを設定する「山登り型」を多くの人が想定しがちだが、キャリア初期には激流に身を任せ、次々と訪れるさまざまな難題に対処する中から自己を発見していく「筏下り型」のほうが望ましいのだ。

ホント、その通りだと思うなぁ〜。

この文章は響いた。
会社内での意思決定は、必ずしも明文化されていません。データや合理性のみで物事が進むとは限りません。ルールを決めるのは経営者やそのプロジェクトの責任者です。そのルールを知らないと、仕事を思うように進めることは難しい。
これらの話を会社に置き換えれば、次のようになります。すなわち内部で使用されているロジックや言語をわきまえなければ、まともな議論もできず、何ら力を発揮することができない。


さて、連休明けから、ギアを上げて頑張るぞ!
posted by J at 14:00| Comment(0) | TrackBack(1) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281310045

この記事へのトラックバック

これは社畜に同情 サラリーマンの24%「ランチ代は250円以下」
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/01/10(木) 18:20:02.25 ID:XGn1b8Vc0 ?PLT(12072) ポイント特典新生銀行が全国2000人のサラリ..
Weblog: 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2013-01-10 21:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。