2012年10月21日

☆☆☆☆ 「漫画がはじまる」井上雄彦×伊藤比呂美

スラムダンク・バカボンドの作者の井上氏と詩人の伊藤さんの対談本。
言葉のプロの伊藤さんの的確な熱い突っ込みに対し、井上氏が丁寧に答えているのが印象的でした。

構成は以下のとおり
第1章 『SLAM DUNK』を語りつくす
 熊本じゅうを駆け回って『SLAM DUNK』を集める
 学生時代は古着屋でバイト?
 手塚賞受賞が漫画家になるきっかけに
 やっぱり三井が好き?
 桜木花道のキャラクター
 「まきこさん」に自己投影して
 バスケット漫画の描き方
 鮮やかなラストだからこそ
第2章 『バガボンド』を語りつくす
 『宮本武蔵』と『バガボンド』
 死を引き受けることの痛み
 『SLAM DUNK』と『バガボンド』をつなぐもの
 「小次郎篇」が終わったあと、描くことができなくなった
 人と出会い戦いながら、武蔵は人間になっていく
 記号と記号の間にあるもの
 キャラクターの成長、書き手の成長
 ポジティブな何かが含まれていないと。物語に存在価値はない
 リアリティの見せ方/個性派ぞろいの脇役たち
 生きるということ、死ぬということ)
第3章 漫画と言葉
 同時代の漫画家と影響
 仕事のペースとスケジュール
 漫画家に必要なものは?
 作品をどうやって守るか
 言葉の力、絵の力
 漫画は情報量が多い?『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』の違い


スラムダンクはあの終わり方が良かったよね。井上氏のこの言葉はサスガです。
ある程度、支持を得られた作品であれば、終わり方もちゃんとしなければならない、という考えがありました。長く続いているうちに、いつの間にか雑誌のいちばん後ろに載るようになって、それでいつの間にか終わっていた、というパターンが多いと思います。でも、すごくおもしろかった漫画ならば、終わる時には巻頭カラーであるべきだろうという思いがありました。

悩み抜いてるようですが、バカボンドの終わり方をどうするか、楽しみですね。

スラムダンクの背骨となる大切なシーン(言葉)は、何だかわかります??
それは、2箇所の「大好きです」とのコト。
そして、、バカボンドでも・・・。伊藤さんの分析に痺れました。

素敵な1冊でした。


posted by J at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298424635

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。