2012年10月21日

☆☆☆☆ 「漫画がはじまる」井上雄彦×伊藤比呂美

スラムダンク・バカボンドの作者の井上氏と詩人の伊藤さんの対談本。
言葉のプロの伊藤さんの的確な熱い突っ込みに対し、井上氏が丁寧に答えているのが印象的でした。

構成は以下のとおり
第1章 『SLAM DUNK』を語りつくす
 熊本じゅうを駆け回って『SLAM DUNK』を集める
 学生時代は古着屋でバイト?
 手塚賞受賞が漫画家になるきっかけに
 やっぱり三井が好き?
 桜木花道のキャラクター
 「まきこさん」に自己投影して
 バスケット漫画の描き方
 鮮やかなラストだからこそ
第2章 『バガボンド』を語りつくす
 『宮本武蔵』と『バガボンド』
 死を引き受けることの痛み
 『SLAM DUNK』と『バガボンド』をつなぐもの
 「小次郎篇」が終わったあと、描くことができなくなった
 人と出会い戦いながら、武蔵は人間になっていく
 記号と記号の間にあるもの
 キャラクターの成長、書き手の成長
 ポジティブな何かが含まれていないと。物語に存在価値はない
 リアリティの見せ方/個性派ぞろいの脇役たち
 生きるということ、死ぬということ)
第3章 漫画と言葉
 同時代の漫画家と影響
 仕事のペースとスケジュール
 漫画家に必要なものは?
 作品をどうやって守るか
 言葉の力、絵の力
 漫画は情報量が多い?『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』の違い


スラムダンクはあの終わり方が良かったよね。井上氏のこの言葉はサスガです。
ある程度、支持を得られた作品であれば、終わり方もちゃんとしなければならない、という考えがありました。長く続いているうちに、いつの間にか雑誌のいちばん後ろに載るようになって、それでいつの間にか終わっていた、というパターンが多いと思います。でも、すごくおもしろかった漫画ならば、終わる時には巻頭カラーであるべきだろうという思いがありました。

悩み抜いてるようですが、バカボンドの終わり方をどうするか、楽しみですね。

スラムダンクの背骨となる大切なシーン(言葉)は、何だかわかります??
それは、2箇所の「大好きです」とのコト。
そして、、バカボンドでも・・・。伊藤さんの分析に痺れました。

素敵な1冊でした。


posted by J at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

☆☆☆  「小澤征爾さんと、音楽について話をする」小澤征爾×村上春樹

風邪をひいて、布団の中で出来ることといったら・・・・、読書と音楽鑑賞。
ということで、以前から気になってた本書を読んでみました。

構成は以下のとおり
第1回 ベートーヴェンのピアノ協奏曲第三番をめぐって
第2回 カーネギー・ホールのブラームス
第3回 一九六〇年代に起こったこと
第4回 グスタフ・マーラーの音楽をめぐって
第5回 オペラは楽しい
第6回 「決まった教え方があるわけじゃありません。その場その場で考えながらやっているんです」



クラシックになじみがない僕でも、春樹さんと小澤さんのやりとりの表現が楽しく一気読み。
春樹さんのこの姿勢が素敵だ。
僕は素人だけれど(素人だからこそというべきか)、音楽を聴くときは無心に耳を澄ませ、その音楽の素晴らしい部分をただ素直に聴き取り、身体に取り入れようとする。素晴らしい部分があれば幸福な気持ちになれるし、あまり素晴らしくない部分があればいささか残念に思う。もしその上で余裕があれば、素晴らしいといとはどういうことなのか、あまり素晴らしくないとはどういうことなのかについて、僕なりに考えを巡らせたりもする。しかし音楽のそれ以外の要素は僕にとって、さほど重要な意味を持たない。音楽とは基本的に、人を幸福な気持ちにするべきものなのだと考えている。そこには人を幸福な気持ちにするための実に様々な方法や道筋があり、その複雑さが僕の心をごく単純に魅了する。


小澤さんのこのフレーズが忘れられない。
「音楽ってつまり時間の芸術じゃないですか」


クラシックをもっと聴いていれば本書を楽しめたのに!と思うと、かなり悔しい・・・・。
これまで、何度かトライして挫折してるクラシックですが、楽しめるようになると音楽鑑賞の幅が広がり、より楽しい生活になると思うのだが・・・、懲りずに、ちょこちょこ手をだしてみようと思います。

小澤征爾さんと、音楽について話をする

小澤征爾さんと、音楽について話をする
著者:小澤征爾
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

posted by J at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

☆☆☆ 「ニッポンのマンガ Aera comic」

浦沢直樹氏や西原江里子氏の書き下ろしや、インタビュー、そして井上雄彦氏の仕事場初公開など、盛りだくさんの濃い1冊でした。

井上氏の
僕は最終的にはただの「絵描き」になりたいと思っている。

という発言は衝撃的でした。
確かに、バカボンドでの身体の動き等の絵力を見ると納得は出来るものの・・・、もっと多くの作品を読んでみたいという欲が・・・・・。

マンガ好きには、たまらない1冊。

ニッポンのマンガ

ニッポンのマンガ
価格:1,100円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

posted by J at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

☆☆☆  「記憶する力 忘れない力」立川談四楼著

タイトルだけを読むと、記憶するためのノウハウ本のように思えますが、本書は、談四楼師匠の、修行の日々から得た教訓が書かれた本。

本書の構成は以下のとおり
1.暗記しやすい人、しにくい人
2.前座(新人)はまず真似なさい
3.二つ目(中堅)は状況も覚えなさい
4.真打(ベテラン)は広い視野で物事を見なさい
5.記憶力VS忘却力


ここまでやらなきゃ「身に付かない」んだろうな。
「いいよ今日の出来。前に聞いた時よりずっといい。いよいよ体に入ったね。」
”体に入る”という言葉が新鮮でした。覚えた、記憶したではなく、”体に入った”なのです。ケイコの折の談志の言が甦りました。
「反復だ。リフレインだ。高座で他のことを考えてても口からセリフがよどみなく出るくらいケイコしろ。夢の中でも落語をやるくらいにならなきゃダメだ。」
談志はそう言い続けたのですが、”体に入る”ということがまさにそれだと直感したのです。


他にも
自分の評価は他人が決める

とにかくその世界に身を浸せ

忘却を補う「誤魔化す力」

等々、響く言葉が数多くありました。何冊か、落語関連の本を読んでますが、噺家の言葉は、響くなぁ〜。





タグ:立川談四楼
posted by J at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

☆☆☆  「使える読書」斎藤孝著

本書は、著者の「使える読書」の仕方を紹介した本。AERAでのコラムをまとめたものです。
冒頭に本書の「取扱説明書」が書かれており、その後は、具体的に様々な本から著者が切り取ったキーワード、言葉が紹介されてます。

「取扱説明書」の以下の記述は、ドキッとしました。自分が何のために本を読んでいるのか?ある記述を引用したり、考え方や切り口をなんとなく意識はし、このブログを書いていましたが、「何のため」が、よりクリアになりました。
僕は雑多に読みます。小説も読めば、ルポルタージュも読みます。社会情勢を切り取ったものもあれば、人の感情を追ったものもある。
だけど、どの本を読む時にも共通して思うことがあって、それは「概念化」と「引用探し」をすることです。
これは、そもそも「使える読書」とはなにか?という説明になりますが、本をひとつ読んで、考えをひとつ得る、アイデアをひとつ得る、それをなにかに応用できる形で自分に刻んでおく、こういうことを目論むわけです。それは多くの場合、、結果的にキーワードとして刻まれる。
(省略)
これは要するに、本というものから、1本の刀をゲットするということ。自分が刀を手に入れると、今度は、その手に入れた刀でほかのものも切ってみれるんじゃないかなと展開したいわけです。


どんなテーマでも、この人が書いてるんなら、とりあえず読んでみようという人が何人かいますが、著者もその1人。読んでて「気付き」があるんだな。これからも読み続けたいと思います。





タグ:使える読書
posted by J at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

☆☆☆☆☆「わかりやす<伝える>技術」池上彰著

著者は、「週刊子供ニュース」のお父さん役だった池上氏。
元同僚から勧められこの番組を見た際、世界経済等の専門的な話を子供の目線にたち、わかりやすく説明する手法に驚いたのを思い出し、本書を読んでみました。

説明のプロの視点がわかるスゴ本でした。

本書の構成は以下のとおり
1.まず「話の地図」を相手に示そう
2.相手のことを考えるということ
3.わかりやすい図解とは何か
4.図解してから原稿を書き直す
5.実践編 三分間プレゼンの基本
6.空気を読むこと、予想を裏切ること
7.すぐ応用できるわかりやす<伝える>ためのコツ
8.「日本語力」を磨く
9.「声の出し方」「話し方」は独学でも
10.日頃からできる「わかりやすさ」のトレーニング


特に響いたのは以下の点

まず、コレは、普段から意識しときたい。
「いまからこういう話をしますよ」と最初にリードで言っておくと、聞く側も心の準備ができるのです。


そして、この順番で話すこと。
1.こういうことがありました。(リード)
2.詳しくは、こういうことでした。(本記)
3.それはこういう理由でした。(理由・原因)
4.警察などが調べています。(見通し)
5.ちなみにこんなこともありました。(エピソード)

これなら、時間がなく途中で切られても、話が通じるし、結論が早い。文脈も伝えられますね。

相手の立場にたって話すとは、よく言われるけど、具体的には、こういうことなのですね。
「○○鉄道の料金が上がることになりました」という原稿が出稿されますと、キャスターの私は、「○○鉄道をご利用の皆さん、料金が値上がりしますよ」と言い換えるのです。

これなら、伝えたい人に伝わりますね。

プレゼン、説明をする機会が多い方は、ぜひ一読してみては?
スゴ本です。



タグ:池上彰
posted by J at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

☆☆☆  「すぐに稼げる文章術」日垣隆著

このブログ、毎日、200〜300人の方々が見てくれているようです。

書きっぱなしの駄文にお付き合い頂き、嬉しい気持がある一方で、ちゃんと読んだ方に少しでも刺激となる、もうちょっとまともな文章を書かねばとも思っております。

ということで、読み始めたのが本書。

本書の構成は以下のとおり
1.「どう書くか」より「どう読まれるか」
2.【初級編】こんな悪文を反面教師に
3.【中級編】実務文はこう書けば生まれ変わる
4.【上級編】ネットで生き残る智恵
5.発想の訓練法
6.こうすれば稼げる Q&A
7.文章で稼ぐための必読33冊

「学校がアホらしいキミへ」等、多くの著書(文章)を書いて生活している著者の文章に対する考え・姿勢は参考になりました。

なかでも
書評とは@本を買いに走りたくなる、Aエッセイ自体がおもしろい、そのどちらかの要素を満たさなくてはなりません

は、読んでてドキッとしました。@はもちろん、できればAも狙いたい。

僕の意識が足りないのは、ココだという自覚はあるのです。
書き手の個人的体験を読者がどう受け止めるか相対化する意識がないと、文章はただの個人的な日記になってしまいます。


さて、このブログ、誰を読み手と想定するか?
プロでない場合にも、少なくとも3種類の読者は想定したほうが良いでしょう。@身内の読み手など、自分に興味をもっている人、A上司や取引先、B意地悪な人、の3種類です。

なるほど、@Aのイメージはあったが、最近、Bへの意識がないな。
隙だらけ・・・・。

また、要約に対して述べる際、引用されてたこの母親の要約は秀逸
息子 俺は、べつに彼女をしばる気はないんだ。彼女は自由だし、やりたいことをやればいい。だから、彼女が留学するのは、ちっとも反対じゃない。ただ、ここで問題なのは、彼女の動機だよ。安易な留学ブームにのっかってるだけじゃねえか、だいたい、そんなあいまいな気持で留学したって、逃げてるだけじゃ・・・・
母 淋しいんだね、おまえ

どうです?こういう文章、たまらんです。

本筋とはズレるけど、本書で紹介されてた糸井重里氏のこの言葉は、素敵だなと思った。
メモをすることは「考えに対する敬意」である


時間をかけて、レビューすることは出来ないけど、せめて書いてるときは、これらの視点を持って書いていくように致します。

引き続き、お付き合い頂けると嬉しいです。




posted by J at 00:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

「自分プレゼン術」藤原和博著

お勧め度曇り

一昨日、先輩と一緒にやっていたプロジェクトが終了しました。
就職してから今まで、ほとんど自分でペースを握って仕事をすることが出来ていたので、ここまでベタベタで人に付いて仕事をするのは初めての経験でしたが・・・・、勉強になりましたね。たっぷり先輩の手法をゲットすることが出来ました。

また、先方にも恵まれ、気持よく仕事をすることが出来ました。私、人には恵まれているなぁ〜、と改めて思ったです。

このプロジェクトでも実感していたのですが、やはり、私、表現力が足らない・・・。上司や先輩に比べると、「自分をどう見せるか」という技術、いや、考え自体がないことに改めて気付かされました。
基本的に、いつも素なのですな・・・、子供だな。思考モードに入れば入るほど、素になります。いかんなぁ。

そんなんで、本書を読んだのですが・・・・、期待していた内容とは全然違いました。自分「を」プレゼンする、ではなく、自分「流の」プレゼン という内容でした・・・。

構成は以下のとおり
1.第一印象
2.常に印象的な人であるために
3.印象的なプレゼンテーションの実践
4.物語るこころ
5.自分の放送局をつくる


仕事で活かそうと思ったのは以下の点

形がないものをプレゼンする場合、
相手の頭の中にすでにあるイメージ構造をそのまま利用する・・・
こういうプレゼンテーションでは、決めの一言をいうのにどんな”メタファー”を使うかということで勝負は決まります。・・・新規事業の提案にはとりわけ、ドラスティックな社会変化をメタファーにすることをおすすめします。


同じパターンでずっと繰り返しながら、少しずつ中身を変えていって、最後に自分のいいたいことに到達する。
=何回も頷かせる

明日は、たまってる仕事を片付けに出社予定です。早速、メタファー、使ってみるかな、休日出勤、癖にならないようにしなくては・・・。

posted by J at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

「つっこみ力」パオロ・マッツァリーノ著

お勧め度晴れ

タイトルに惹かれ、読みました。
著者は、謎の戯作者。「半社会学講座」の管理人。

おちゃらけて書いてるように見えて、実は、鋭いことを述べているってタイプの本ですね。初めはテンションについていくのがしんどいけど、途中で慣れました。第一夜がお勧めです。

構成は以下のとおり
第一夜 つっこみ力とは何か
    もしくは なぜメディアリテラシーは敗れ去るのか
 愛の章 :わかりにくさは罪である
 笑いの章:つっこみ力の真髄
 勇気の章:権威へのつっこみ
幕間 みんなのハローワーク
第二夜 データとのつきあいかた


私、著者のツッコミに関する、以下の整理は、目からウロコでした。


つっこみ力では、わかりやすさを重視します。お笑いでも、ボケ役は、ときにわかりづらいボケをかますことがあります。そのわかりづらいボケをすかさず拾って、客にわかるように伝え、盛り上げることができるかどうかが、いいツッコミの条件です。つっこんで余計にわかりづらくなってしまっては、台無しです。
しかし、論理力や批判力を重視する人は、知らず知らずのうちにそういうことを平気でしてるんです。


シロウトのまったくつまんない話、おもしろさでいえば0点のボケでさえ、腕のいいツッコミ芸人が思わぬ方向からツッコミを入れることによって、100点の笑いにすることも可能です。


ツッコミの効用
1.わかりやすさを高める。
2.笑いの付加価値を創出して相手の興味を惹きつける


気になった方は、まずは、著者の「半社会学講座」を見てみて下さい。

posted by J at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

「「書ける人」になる ブログ文章教室」山川健一著

お勧め度晴れ晴れ晴れ

昨年の12月2日にブログを開始し、日々、ダラダラ書いておりますが、文章が上手くなったかというと・・・、どうなんだろう?

そんなんで、最近、気になっている山川さんが本書を書いていることを知り、早速、読んでみました。

構成は、以下のとおり
1.「タダの日記」ではいけないのか?
2.記事、論文、コラム、エッセイ、小説
3.あなたのブログがつづかない三つの理由
4.なぜ書くべきか、何を書くべきか
5.読みやすく魅力的な文章とは何か
6.ブログ文学の誕生
7.ブログを書籍化する
8.小説を書くためには


特に響いたのは以下の点

まず、「お花見」や「SUV」を例に挙げ、言語の重要性を説き、
人間はまず言語によって思考し、概念を生み出し、高層ビルや高速道路や公園というものを、すなわち都市というものをさえ作り出してきた。

ブログの魅力の源泉を以下のように分析する。
ブログをはじめとするインターネット上の文章がこれだけ読まれるのは、そこで語られていることが本音で貫かれているからだ。つまり、書き手の「私」というものが表現されているから面白いのだ。
想いがテーマであり、具体的な素材がモチーフだ。
私、自分の日々の思いを「ノイズ」と表現し、意識して適量のノイズを
入れるようにしていたのですが、むしろノイズの方が魅力の源泉なわけですな。書き手でなく、読み手の立場で考えると納得です。

そして、
19世紀は神の世紀だった。
20世紀は自意識の時代だった。
そして、21世紀の今、表現のステージは、まったく新しいところへ踏み出しているのではないだろうか。

それをぼくなりに考えてみると、「温かな無意識」というものではないかと思うのだ。
完璧な作品であるというよりも、構図はちょっと破綻していたり、いくつか難点があるにしても何か温かなものを感じる。
と述べている。つまり、ブログの世紀だと。

文章教室というよりは、ブログというものを分析し、本質をわかりやすく説明するとともに、その可能性の大きさを解説している本のように感じました。

最近、日経系のサイト等のメディアよりも、個人のブログの方に魅力を感じ、好んで読んでます。その理由が少しわかった気がしております。
このブログを読んでもらっている人に、読んで欲しい・・・のかな??
「j、ダメじゃん!」なんて言われそうだな・・。

何故に素人が書いたブログの人気があるのか、というのを理解するのにお勧めの1冊です。著者も書いてるけど、ブログって日本人の文化にあってると思うです。



posted by J at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

「頭がいい人、悪い人の話し方」樋口祐一

お勧め度雨

つたない表現力をなんとかしようと思って手に取ったのですが、ちょっと違ったな・・。滅多にないのですが、途中で読むのを止めようかと思いました。(結局、帰りの電車で読む本がなくなったので、読んじゃいましたが・・)

1.「ケチばかりつける」といった、問題行動をする人の分析
2.周囲の人の対策
3.自覚するためのワンポイント

という構成で、40個の様々な問題行動を取り上げております。
苦手なタイプの本でした。



posted by J at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

「自己プレゼンの文章術」森村稔著

お勧め度曇り

ビジネスや本ブログにも使える一般的な文章術を期待していたのですが、完全に学生向け(就職対策)に書かれておりました。

ですので、「思う」の多様は避ける等の注意事項の後の「悪い例」「改善例」には、就職対策用の論文が使われております。

途中で、読むのを止めようかと思ったのですが、書かれていることは、「あっ、コレ、俺だ。」という内容もいくつかあり、結局、最後まで読んでしまいました。

ただ、書かれている内容は非常にわかりやすく、例も多いので、論文の書き方に悩んでる高校生や大学生には、お勧めです。

posted by J at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現力/文章力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。