2012年08月12日

☆☆☆☆ 「インサイド・アップル」アダム・・ラシンスキー著

本書は企業としてのアップルを客観的に分析した本。
今後のアップルの動向についても描かれており、非常に興味深く読み進めることができました。

構成は以下のとおり
アップルの「芯」
第1章 ジョブズ信仰を超えて
第2章 ようこそインフィニット・ループへーアップルにおける2つの秘密主義
第3章 すべてをコントロールするーデザイン、製品ライン、経営企画
第4章 永遠の新興企業?-「DRI」制、経営チーム、「トップ100」
第5章 ジョブズの後継者たちークック、アイブ、そしてフォーストール
第6章 伝えるべきメッセージを選ぶー基調講演、広報、宣伝
第7章 「アップルとのあいだに提携関係は成り立たない」-顧客、パートナー、競合他社
第8章 ポスト・ジョブズ時代のアップルー「アップル大学」の効果、独裁者不在のチャンスと不安
第9章 アップル卒業生が成功する日ージョブズ・ウェイは模倣可能か?
第10章 最後にもうひとつ


この文章は、アップルという特異な企業をうまく言い表してるね。
アップルは矛盾をはらむ会社だ。社員も組織も並はずれて傲慢だが、その一方で、賭けが裏目に出たらどうしようと怖れおののいている。ジョブズが君臨していたクリエイティブ部門にいるのは、アップルに人生を捧げるかそれに近い社員ばかりだ。つまり、アップルのやり方しか評価しない人たちであり、本来のクリエイティブな発想からほど遠い。オペレーション部隊はアメリカの一般企業と変わらないが、他社より優秀で、アップルの文化とは対照的な元IBMの集団が率いている。アップルは新興企業の能力を残しながらも、社員を窮屈な箱に入れて管理し、堅実な手順にしたがわせている。対外的なイメージは、少なくとも広告で見るかぎり奇抜で楽しいが、社内の雰囲気は暗く、ひたすら働くだけの場だ。


働く「場」としてのアップルは、かなり厳しい世界みたいだね。

デザイナー主導の企業文化ってのも、メーカー離れしてて興味深かったな。

外からの「イメージ」ではなく、「企業・組織」としてのアップルの実態を描いた良書でした。

posted by J at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

☆☆☆  「世界のどこかで居候」文 中山茂大 写真 坂口克

先週末、キャンプ場で子供達を放牧させながら読んだ本。

構成は以下のとおり
モンゴル-ひとつのゲルにみんなで暮らす「シアワセ家族」
イエメン-気さくで心優しい男たちが集う「お気楽家族」
パプアニューギニア-同じ人類とは思えないけど、とっても親切な「男の家」
インド ラダック-チベット仏教の信仰篤い「ほのぼの家族」
モロッコ アトラス山麓-アトラス山麓の緑豊かな土地で、ベルベル人の「あったか農家」に居候
モロッコ サハラ砂漠-サハラのノマドテントに居候。子だくさんの「にぎやか家族」
カンボジア-カンボジア・トンレサップ湖の水上集落で「楽チン生活」
ネパール-ヒマラヤの懐に抱かれた豊かな集落の「のんびり家族」
世界のどこかでちょっとだけ居候/人力社的「居候学」のススメ


以前は、「人の家で暮らすなんて・・・」って、思っていたのだけど、バンクーバーでインド人家族の家にホームステイしてから、「いろんな国の人の家に泊まってみたい」って思うようになりました。
様々な個性的溢れる国の家での生活が、多くの写真と文章で紹介されており、この欲求が少し満たされました。

アラブ飯、美味そうだな。




posted by J at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆☆☆  「野球を学問する」桑田真澄 平田竹男

メキシコに住む友人のM男のリクエストで読んでみました。
本書は、元読売ジャイアンツの桑田投手と桑田投手の早稲田大学の担当教員であった竹田先生との対談本。

構成は以下のとおり
第1章 学問を志す
第2章 野球界の悪しき伝統
第3章 早稲田で学ぶ
第4章 根性野球のルーツ
第5章 野球界アンケート調査
第6章 野球道の再定義
第7章 野球界の未来のために
第8章 真の野球人とは
おわりに


桑田さんのマジメな姿勢が伝わってくる対談でした。
ただマジメなだけでなく、自分のアタマで考え、間違っていることは「違う」と主張する強さが印象的。

PL高校時代のしかも1年生のときに
「練習時間を3時間にしましょう」
と監督に主張、説得するって、なかなか出来ることじゃないよね。

また、桑田さんの早稲田時代の研究テーマである「野球道」やアンケート結果をめぐる対談では、根性論が根強く残る野球界を何とかしたいという熱い気持ちが伝わってきました。

どっかの球団で監督やってくれないかな??
日本代表の監督ってのも見てみたい。

posted by J at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

☆☆☆  「四次元温泉日記」宮田珠己著

最近、お気に入りの宮田さんの温泉本?。
著者の脱力したへなへなな文章がイイんだな。

こんな感じ
なぜ温泉などちっとも興味のなかった私が、温泉旅行に行く気になったのか、われながら説明するのは至難の業である。
私の見たところ、温泉は風呂であり、風呂は家にあり、その家の風呂さえも入るのが面倒くさい。人は何を好き好んで風呂に入るだめだけに遠くへ出かけるのか、その意味がわからんと前々から不思議に思っていた。
私は子どものときから風呂嫌いだった。
何がイヤといって、まず服を脱ぐのが面倒くさい。
袖から手を引っこ抜いたり、下からまくって首を抜いたり、実に大変な作業だ。
そのうえ、わざわざ脱いだのに、あがってからまた服を着るというのである。まるで穴掘って埋め戻すような強制労働キャンプ的な徒労感が漂うじゃないか。
湯に浸かるのも退屈である。

キーボードを打ってても、心地良い脱力感。

構成は以下のとおり
なぜこの私が温泉に行くはめになったか
三朝温泉K旅館
伊勢A旅館と湯の峰温泉
奥那須K温泉
四万温泉S館
花巻南温泉峡
秋田H温泉とねぶた見物
微温湯温泉と東鳴子温泉T旅館
瀬見温泉K楼
伊豆長岡温泉N荘〔ほか〕


民宿で日焼けした身体をクーラーで冷やしながらダラダラ読むのが最高の1冊でした。

posted by J at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆☆☆  「腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」」江部康二著

正月に91kgを超え、ヤバいと思い始めたランニング&朝抜き/昼蕎麦ダイエット。

おかげで3月末には、81sまで落すことができたんだけど、その後、昼蕎麦縛りを解除、最近だと平日ランニングが出来なくなり、現在、84kg・・・。
このままじゃ戻っちゃうなと思い、やる気を出すために読んでみました。

構成は以下のとおり
第1章 満腹ダイエットの基本的なやり方
第2章 満腹ダイエットで痩せるメカニズム
第3章 満腹ダイエットを賢く実践する
第4章 糖質制限食の誤解を解く
第5章 そもそも人類は糖質制限食が基本
第6章 糖質制限食で健康になる


まずは、夜の白米禁止を徹底しようかな。

posted by J at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆☆☆  「足のカカトをかじるイヌ」椎名誠著

昨年末に出版された、シーナさんの本の雑誌に掲載されたエッセイをまとめた1冊。

どっかに行って、あれ食って、バカ話しながら酒飲んだ。みたいな話が、シーナ節で書かれてるいつものエッセイなんだけど、これがイイんだな。
ここ数日、夜にウグウグしながら楽しんで読んでました。

子育て等でバタバタしてて、自分の中のシーナ度が下がる一方だったのだけど、そろそろどんどん濃くしていきたい。まずは、焚き火酒からだな。


posted by J at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆☆☆  「社畜のススメ」藤本篤志著

卒業したハズのキャリア本・・・、つい、読んじゃうな・・・。
本書は、タイトルは過激だけど、内容はすごく真っ当な1冊。

構成は以下の通り
第1章 「自分らしさ」の罪
第2章 個性が「孤性」になる悲劇
第3章 会社の「歯車」となれ
第4章 ビジネス書は「まえがき」だけ読め
第5章 この「ウソ」がサラリーマンをダメにする
第6章 「クレバーな社畜」がベストの選択
終章 運、縁、恩


本書でも「筏下り型」のキャリア論が引用されてた。
キャリア・デザインというと、5年後、10年後のキャリア・ゴールを設定する「山登り型」を多くの人が想定しがちだが、キャリア初期には激流に身を任せ、次々と訪れるさまざまな難題に対処する中から自己を発見していく「筏下り型」のほうが望ましいのだ。

ホント、その通りだと思うなぁ〜。

この文章は響いた。
会社内での意思決定は、必ずしも明文化されていません。データや合理性のみで物事が進むとは限りません。ルールを決めるのは経営者やそのプロジェクトの責任者です。そのルールを知らないと、仕事を思うように進めることは難しい。
これらの話を会社に置き換えれば、次のようになります。すなわち内部で使用されているロジックや言語をわきまえなければ、まともな議論もできず、何ら力を発揮することができない。


さて、連休明けから、ギアを上げて頑張るぞ!
posted by J at 14:00| Comment(0) | TrackBack(1) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

☆☆☆☆ 「日本人を強くする」岡田武史 白石豊

2010年W杯日本代表監督の岡ちゃんと、福島大学教授の白石氏の対談本。
白石氏は、トップスポーツ選手に対するメンタルトレーニングを行うスペシャリストで、これまで1996年アトランタ五輪の女子バスケ、2000年シドニー五輪の新体操、2001〜4年の日ハムと幅広い分野で活躍してた方。

そんなメンタルトレーニングのスペシャリスト白石氏が、2010年のW杯で岡ちゃんに、継続的にアドバイスを行っていた経緯が書かれた本書。コーチングやマネジメントの観点から、非常に興味深く読み進めることが出来ました。

構成は以下のとおり
第1章 出会い〜W杯アジア3次予選
第2章 W杯アジア最終予選
第3章 試練の2010年 本大会前
第4章 南アフリカ、そしてゾーン
最終章 震災の後の対話


岡ちゃんの素直に指導を仰ぐ姿勢が非常に印象的で、素敵でした。
変なプライドより向上心を大事にしてる人なのが伝わってきました。

そんな岡ちゃんがグッと感情的になった白石氏の「なぜ個人で勝てないんですか?」という問いからの展開はシビれました。
岡ちゃんが、当然の前提としてもっていた「日本人はサッカーネイションの国民に対し個人では勝てない」ということを疑う白石氏。
これまで、様々な悔しい経験を積み、一瞬、拒絶しかけたものの、その前提を壊すことを受け入れた岡ちゃんはスゲェ〜と思ったね。

他にも、癖のある代表選手達に対するマネジメントでの苦労等々が、生々しく描かれており、サッカーファンだけでなく、ビジネスマンとしても参考となる良書でした。



posted by J at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆☆☆☆☆「10年後に食える仕事 食えない仕事」渡邊正祐著

ちょっと前に話題となっていた本で気になっていた本。
ようやく読み終え、早速、久し振りに会った友人と議論しちゃったくらいのスゴ本でした。

構成は以下のとおり
第1章 いま、何が起きつつあるのか
第2章 「日本人メリット」で食える仕事の条件
第3章 各エリアの職業とその特徴
第4章 判定チャートー10年後、あなたの仕事はどうなるのか?
第5章 10年後の生き残りかた
第6章 10年後の「日本人の雇用」


職業を大きく以下の4つに分類した手法が抜群。
1 重力の世界
  ‐グローバルの最低給与水準に収斂されていく
  ‐平均賃金が日本の20分の1のインド人、中国人との勝負
  ‐低付加価値なブルーカラー職が多い
2 無国籍ジャングル
  ‐世界70億人と仁義なき戦い
  ‐超成果主義の世界
  ‐勝ち残れれば青天井
  ‐才能も運も必要
  ‐顧客と直接接点のない職種が多い
3 ジャパンプレミアム
  ‐日本人ならではの高いサービスマインド、職人気質、チームワーカースピリットを活かす
  ‐「同じ日本人」という信頼感を活用した対面サービス
  ‐営業マンや旅館の女将など
4 グローカル
  ‐日本人の強みを活かしつつ、高付加価値スキルで勝負
  ‐日本市場向けの高度専門職
  ‐高度な日本語と日本での人的ネットワークを活かす
  ‐「士」業など

漠然と考えていたことがクリアに整理されました。

こういうことだ。
今後、グローバル化が進めば進むほど、この「日本人メリット」の価値が再認識されるようになるのは確実だ。なぜなら、日本人メリットを活かせない仕事では、世界70億人のなかでの激烈な競争になっていくが、日本人メリットが活かせる仕事ならば、マックス1億人と、いきなり70倍も競争率が下がるからだ。日本人メリットを活かせる職に就くことで、ハングリー精神旺盛な新興国の人たちとの不毛な消耗戦、血みどろの戦いを避けられるのである。


目指すはココ。
私は、基本的には、グローカルへの進出を一番にお奨めしたい。グローカルエリアの職業は、日本人スキルを活かしつつも、スキルの差別化がしやすい知識集約型であるため、ポータブルスキルを伸ばしやすいメリットがある。「無国籍ジャングル」ほどに飛躍的にポータブルスキルを伸ばさなくとも十分に生き残れて稼いでいけるため、平均的な能力を持った日本人にとっては、好都合なエリアといえる。

グローカルは、日本市場だけでなく、日本人メリットを活かしながら海外へ進出する仕事も含まれる。

英語だけを意識していると「無国籍ジャングル」に意識が行きがちだけど、正直、日本人メリットを生かさなきゃ苦しいよね。「自分のアタマで考えて」、働く場/働き方を選ばなきゃいけない時代だってことがよ〜くわかるスゴ本でした。

posted by J at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

☆☆☆☆ 「サムライDays、欧州Days」吉田麻也著

日本代表で活躍する吉田選手のブログと書き下ろしで構成された1冊。
ユーモア溢れた写真と文章で構成されたブログは、非常に面白く、日々、チェックしてたこともあり、楽しく読み進めることが出来ました。

出だしからして、こんな感じ
昨今のサッカー選手の書籍出版率はハンパじゃない。長谷部さんが心を整えてからというもの、ヤットさんや佑都くん、女子ワールドカップの澤選手、永嗣くんやウッチーまでもが出しています。そんな荒波に殴り込みにいく、パッと出の無謀さと勇気を称えてもらえれば幸いです(笑)。


ケガやリハビリ等、しんどい時期も、ユーモアたっぷりに明るく軽く書くセンスに共感。
素敵な「上機嫌」の持ち主ですね。頑張って欲しいなぁ〜。



posted by J at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。